アピオスとは?

アピオス(ほど芋)とは?

学名 アピオス
和名 アメリカホドイモ

アピオスとはインディアンのスタミナの源と言われる,栄養満点のマメ科の植物です。

おもいっきりテレビなどのテレビ番組でも紹介され、とても注目されています。

アピオスは北米原産のマメ科の植物ですが,一般的な豆のようなものではなく、ネックレスのように繋がった塊根を食べます。

アピオスは小さなお子様からお年寄り,病気療養中や産前産後の方にも安心してお薦めできる野菜ですが、ちょっと精が強いので食べ過ぎに注意しましょう。

また,アピオスは無農薬でも簡単に作れる野菜として,現在人気も上昇中です。

アピオスの栄養価

アピオスはとても高い栄養価を含んでいます。

アピオスをジャガイモと比べると,カルシウムが30倍,鉄分が4倍,繊維が5倍,タンパク質が6倍,エネルギーが2.5倍,これに加えてビタミンEを含んでいます。

この数字を見て頂ければ,アピオスがいかに素晴らしい野菜かがわかりますね。

しかしこの様な数字よりも、そのミネラルバランスがアピオスの評価を高めているのです。

また、とても精が強いので、人によっては食べ過ぎると気分を悪くされる方もいらっしゃるようです。

一度の食事で4粒も食べれば栄養価としては十分などと言われていますので、食べ過ぎには注意して下さい。

ちなみに私は平気なので、あまり気にせずバクバク食べています。^^